将来の為にこどもにしたい事【英会話など幼児教室について】

授業について

小学校受験を考えているけれど、こどもに幼稚園が終わった後に長時間勉強させる事に対して気が引けるという方もいます。しかしそれは心配しなくても大丈夫であります。幼児教室は普通の学習塾ではありません。ましてや中学生が受験の為に通う塾の様に、週三日から五日ほどみっちりと平日は二時間から三時間そして土日は長時間、この様な形で勉強をする訳ではないのです。基本的に週に二日か一日教室にやってきて、一時間程度小学校受験に必要な学力を授業で学ぶのです。授業内容もただ言葉を並べて知識を植え付けるのではなく、おゆうぎ感覚やおあそび感覚で必要な学力を身に付けさせる方法で進んでいきます。一度幼児教室へ見学に行けば分かりますが、とても堅苦しく授業が進むのではなく、どちらかというと幼稚園に近い感覚です。こどもが嫌だと投げ出さないように、幼児教室側も工夫をして、学習を楽しくそして分かりやすく進めているのです。塾ではなくあくまでも教室という、肩の力を抜いてこどもが過ごせるようになっているのが幼児教室です。

小学校受験はこどもだけが頑張ってどうにかる受験ではありません。どの受験よりも親がとても重要であります。何故なら小学校教室には面談がありますが、その面談は両親とこどもで挑まなければなりません。片親であれば片親とこどもの二人で挑む事になります。親も小学校受験に挑戦するのであれば、努力する所は努力しなければなりません。こどもとは別に、幼児教室では親へのセミナーを開いている所があります。このセミナーでは志望校についての情報提供、そして面接も模擬練習などを学ぶ事が出来ます。基本料金内で行なう所もあれば、別途で費用が発生する所もあります。セミナーを設けていない幼児教室もありますので、もし親であればこどもと一緒に学ぶべきとかんがえるのであればセミナーがある教室を選ぶべきです。